ウェールズの王と王子たち

 ウェールズの王と王子たち

Paul King

ローマ人は紀元1世紀にウェールズに侵入したが、ローマ世界の一部となったのは南ウェールズだけで、北ウェールズと中ウェールズは大部分が山岳地帯であるため、通信が難しく、侵略者にとって障害となった。

ローマ時代以降に台頭したウェールズ王国は、特に北部のグウィネード、南西部のセレディギオン、南部のダイフェッド(デヘウバルト)、東部のポウィスなど、有用な低地が広がっていた。 しかし、ポウィスはイングランドに近かったため、常に不利な立場にあった。

中世ウェールズの偉大な王侯たちは、グウィネドを中心とする西方人であり、彼らの権威は、その王国の境界を越えて権勢を振るうことができ、多くの王侯がウェールズ全土を支配していると主張することができた。

以下は、ロードリ大王からリウェリン・アプ・グルフィド・アプ・リウェリンまでのウェールズ王と王子のリストであり、その後にイギリスのウェールズ王子が続く。 ウェールズ征服後、エドワード1世は息子に「プリンス・オブ・ウェールズ」を創設し、それ以来、「プリンス・オブ・ウェールズ」の称号はイギリスとイギリスの王位継承者に与えられている。 現在はチャールズ皇太子がその称号を保持している。

ウェールズの君主と王侯 844年~1283年


844-78 ロドリ・マウル大王。 グウィネド王。 ウェールズで初めて「大王」と呼ばれ、平和的な相続と結婚によって現在のウェールズの大部分を支配した最初の統治者。 ロドリの治世の大半は戦いに費やされ、特にヴァイキングの略奪者との戦いに明け暮れた。 メリシアのセオルウルフと戦った兄とともに戦死した。
878-916 グウィネズ公アナラウド・アプ・ロドリ 父の死後、ロドリ・マウルの領地は分割され、アナラウドはアングルシーを含むグウィネズ領の一部を与えられた。 セレディギオンを支配していた兄カデル・アプ・ロドリとの戦いで、アナラウドはウェセックス王国のアルフレッドに助けを求めた。 彼は好意的に迎えられ、アナラウドの確認の際にはアルフレッドが名付け親となった。895年、イングランドの助けを得てケレディギオンを略奪。
916-42 グウィネズ王イドワル・フォール「禿げ」。 父アナラウドから王位を受け継いだイドワルは、当初サクソン朝廷と同盟を結んでいたが、ハイウェル・ドゥダに簒奪されることを恐れてイングランドに反旗を翻した。 その後の戦いでイドワルは戦死した。 王位は息子のイアゴとアイウエフに継承されるはずだったが、ハイウェルは彼らを侵略して追放した。
904-50 ハイウェル・ドゥダ(善良なるハイウェル) デフバルト王 カデル・アプ・ロドリの息子であるハイウェル・ドゥダは、父からセレディギオンを相続し、婚姻によってダイフェドを獲得、942年に従兄弟のイドワル・フォエルが死去した後はグウィネドを獲得した。 そのため、彼の治世中にウェールズの大部分は統一された。 ウェセックス家に頻繁に出入りし、928年にはローマに巡礼したこともある。 学者であったハイウェルは、ウェールズで唯一の統治者である自国の硬貨を発行し、法律を制定するためである。
950-79 イアゴ・アブ・イドワル、グウィネズ王。 父が戦死した後、叔父のハイウェル・ドゥダによって王国から追放されたイアゴは、弟のアイウアフとともに王位奪還のために戻ってきた。 969年、兄弟喧嘩の末、イアゴはアイウアフを幽閉した。 アイウアフの息子ハイウェルが簒奪するまで、イアゴはさらに10年間統治した。 イアゴはイングランド王に敬意を表したウェールズ王子の一人である、エドガーは973年にチェスターで。
979-85 グウィネズ王ハイウェル・アプ・イアウフ(悪王ハイウェル)。 979年、イングランド軍の支援を受けたハイウェルは、叔父のイアゴを戦いで破った。 同年、イアゴはヴァイキングの軍勢に捕らえられて謎の失踪を遂げ、ハイウェルのみがグウィネズの支配者となった。 980年、ハイウェルはイアゴの息子クステンニン・アブ・イアゴ率いる侵攻軍をアングルシーで破った。 クステンニンはこの戦いで戦死した。 ハイウェルは、イアゴの息子であるクステンニン・アブ・イアゴと戦うことになる。985年、イングランドの同盟国によって殺害され、弟のカドワロン・アプ・イウアフが後を継いだ。
985-86 グウィネド王カドワロン・アプ・アイウアフ。 兄ハイウェルの死後王位を継いだが、デヘウバルトのマレッドッド・アブ・オウェインがグウィネドに侵攻するまでのわずか1年間を統治。 カドワロンはこの戦いで戦死した。
986-99 マレッドッド・アブ・オウェイン・アプ・ハイウェル・ドゥダ、デフバルト王。 カドワロンを破り、グウィネドを王国に加えた後、マレッドッドは事実上ウェールズ南北を統一した。 彼の治世中、ヴァイキングの襲撃は絶えず問題となり、多くの臣下が虐殺されたり、捕虜として連れ去られた。 マレッドッドは人質の自由のために多額の身代金を支払ったと言われている。
999-1005 Cynan ap Hywel ab Ieuaf, Gwyneddの王子。 Hywell ap Ieuafの息子で、Mareduddの死後Gwyneddの王位を継承した。
1005-18 Aeddan ap Blegywryd, Gwyneddの王子。 貴族の血を引くが、王位継承の直系ではなかったため、Cynanの死後、AeddanがどのようにしてGwyneddの王位に就いたかは不明。 1018年、彼の指導力はLlywelyn ap Seisyllによって挑戦され、Aeddanと彼の4人の息子は戦いで殺された。
1018-23 リュウェリン・アプ・セイシルは、デフバルト、ポーイス、グウィネドの王。 リュウェリンは、エーダン・アプ・ブレギウリドを倒してグウィネドとポーイスの王位を獲得し、アイルランドの僭称者レインを殺害してデフバルトの支配権を握った。 リュウェリンは、1023年に息子のグルッフッドを残して死去した。彼は、父の跡を継ぐには若すぎたかもしれないが、最初で唯一の真のウェールズ王となった。
1023-39 イアゴ・アブ・イドワル・アプ・ミューリグ グウィネズ王 イアゴの即位により、グウィネズ王国の支配は古代の血統に戻った。 イアゴの治世は6年で終わり、グルフィド・アプ・リュウェリン・アプ・セイシルが殺害された。 息子のシナンは身の安全のためダブリンに追放された。
1039-63 グルーフッド・アプ・リウェリン・アプ・セイシル、1039〜63年グウィネド王、1055〜63年ウェールズ全土の支配者 グルッフッドは、イアゴ・アブ・イドワルを殺害した後、グウィネドとポーウィスを掌握した。 その数年後、グルッフッドはグラモーガンを掌握し、その支配者を追い出した。 こうして1057年頃から、ウェールズはひとつの支配者のもとでひとつになった。 グルッフッドの出世は次のようなものだった。ウェセックス伯ハロルド・ゴッドウィンソンは復讐のために派遣された。 陸海空の軍勢を率いてハロルドはグルーフッドをあちこちに追い回したが、1063年8月5日、スノードニアのどこかでシアン・アプ・イアゴ(その父イアゴは、1063年8月5日、イングランド王室から追放されていた)に殺された。1039年、グルーに殺害された。
1063-75 ポウィス王ブレッディン・アプ・シンフィンは、弟リーワロンとともに、グルッフッド・アプ・リュウェリンの死後、グウィネドの共同統治者となった。 ウェセックス伯ハロルド・ゴッドウィンソンに服従した彼らは、当時のイングランド王エドワード懺悔王に忠誠を誓った。 1066年のノルマン人によるイングランド征服の後、兄弟はウィリアム征服王へのサクソン人の抵抗に加わった。1070年、グルーフッドの息子たちが父の王国の一部を取り戻そうと、ブレッディンとリーワロンに挑んだ。 2人の息子はメチェインの戦いで戦死した。 リーワロンもこの戦いで命を落とし、ブレッディンが1人でグウィネドとポウィスを統治することになった。 1075年、ブレッディンはデヘウバルトのリース・アブ・オウェイン王によって殺された。
1075-81 グウィネド王トラハーン・アプ・カラドッグ ブレッディン・アプ・シンフィンの死後、彼の息子たちは誰も王位を継承できる年齢に達していなかったようで、ブレッディンの従兄弟であるトラハーンが権力を掌握した。 彼が王位を掌握した同じ年、グルフィド・アプ・サイナン率いるアイルランド軍がアングルシーに上陸したため、彼は一時的に再び王位を失った。 グルフィドのデンマーク系アイルランド人の護衛隊と地元住民との間の緊張状態が続いた後、トラハーンはアングルシーを支配した。ウェールズの民衆は、リンの反乱をきっかけにトラハーンに反撃の機会を与え、彼はブロン・イル・エルフの戦いでグルフィドを破った。 グルフィドはアイルランドへの亡命を余儀なくされた。 トラハーンは、グルフィドが再びデーン人とアイルランド人の軍勢を率いて侵攻した後、1081年のミニッド・カーンの戦いで激しく血なまぐさい最期を遂げた。
1081-1137 グルフィド・アプ・サイナン・アブ・ヤーゴ(Gruffydd ap Cynan ab Iago)、グウィネド王統のアイルランド生まれ。 何度かの失敗の後、グルフィドはミニッドカーンの戦いでトラハーンを破り、ついに権力を掌握した。 彼の王国の大部分がノルマン人に蹂躙される中、グルフィドはチェスター伯ヒューとの会談に招かれ、そこで取り押さえられ捕虜となった。 数年間投獄された後、彼は1094年の反ノルマンの反乱に参加したグルフィドは再び追放され、再び安全なアイルランドに引きこもった。 絶え間ないヴァイキングの脅威を経て、1094年、グルフィドはアイルランドの首都に戻った。の攻撃を受け、グルフィドは再びアングルシー島の支配者に戻り、イングランド王ヘンリー1世に忠誠を誓った。
1137-70 グウィネズ王オウェインは、父の老齢期に兄のカドワラドルとともに1136年から37年にかけてイングランドへの遠征を3度成功させた。 イングランドが無政府状態だったこともあり、オウェインは王国の領土を大幅に拡大した。 しかし、ヘンリー2世がイングランドの王位を継承した後、オウェインに挑み、ヘンリー2世は慎重さの必要性を認識し、次のように誓った。オウェインは1165年にヘンリーに対するウェールズ人の反乱に参加するまでこの協定を維持した。 悪天候に阻まれ、ヘンリーは無秩序な撤退を余儀なくされた。 反乱に激怒したヘンリーは、オウェインの息子2人を含む多くの人質を殺害した。 ヘンリーは再び侵攻することはなく、オウェインは1165年、ウェールズの国境を押し広げることができた。グウィネードからディー川のほとりまで。
1170-94 オウェインの死後、彼の息子たちはグウィネドの領有権をめぐって争った。 その後の「兄弟愛」の中で、オウェインの息子たちは次々と殺され、追放され、投獄された。 1174年までに、オウェインはグウィネドの唯一の支配者となり、その年の暮れ、オウェインの異母姉であるエメと結婚した。イングランド王ヘンリー2世は、1194年、甥のリウェリン・アプ・イオルヴェルス(Llywelyn ap Iorwerth)の挑戦を受け、アバコンウィの戦いでこれを破った。 ダフィドは捕らえられて幽閉され、その後イングランドに退き、1203年に死去した。
1194-1240 Llywelyn Fawr (Llywelyn the Great)、グウィネド王、最終的にはウェールズ全土の支配者。 Owain Gwyneddの孫であるLlywelynの治世初期は、グウィネド王位継承のライバルとなりそうな人物を排除することに費やされた。 1200年、彼はイングランド王ジョンと条約を結び、数年後にジョンの隠し子Joanと結婚した。 1208年、PowysのGwenwynwyn ap Owainの逮捕に続いてジョンとの友好関係は長くは続かず、ジョンは1211年にグウィネドに侵攻した。 侵攻の結果、リュウェリンはいくつかの土地を失ったが、ジョンが反乱を起こした男爵たちに巻き込まれたため、翌年にはすぐに回復した。 ジョンが1215年に不本意ながら署名した有名なマグナ・カルタでは、特別な条項が設けられた。1211年に人質となった嫡子グルフィドの解放など、ウェールズに関する問題でリュウェリンは活躍した。 1218年のジョン王の死後、リュウェリンは後継者ヘンリー3世とウースター条約に合意した。 この条約によってリュウェリンの最近の征服がすべて確定し、以後1240年に亡くなるまで、リュウェリンはウェールズにおける支配者であり続けた。 晩年にはLlywelynは、王位と遺産を後世に残すために原始王位制を採用することを計画した。
1240-46 ダフィド・アプ・リュウェリン(Dafydd ap Llywelyn)は、ウェールズ皇太子の称号を名乗った最初の統治者である。 彼の異母兄グルフィドも王位継承権を有していたが、リュウェリンはダフィドを唯一の継承者として認めさせるために特別な措置をとった。 その措置のひとつが、1220年にダフィドの母ジョーン(ジョン王の娘)をローマ教皇から正統であると宣言させることであった。 1240年に父親が死去した後、ヘンリー3世は以下を受け入れた。1241年8月、国王はダフィドに侵攻を開始し、短期間の作戦の後、ダフィドは領地を手放すことを余儀なくされた。 1244年3月、グルフィドはロンドン塔から脱出しようとして、結び目のあるシートを伝って転落死した。 ダフィド後継者もなく若くして亡くなった。
1246-82 リュウェリン・アプ・グルフィド、「最後のリュウェリン」、ウェールズ王子。 リュウェリン大王の長男グルフィドの4人の息子のうちの2番目で、リュウェリンはブリン・デルウィンの戦いで兄弟を破り、グウィネドの唯一の支配者となった。 イギリスのヘンリー3世に対する男爵たちの反乱を最大限に利用し、リュウェリンは尊敬する祖父が治めていたのとほぼ同じ領土を取り戻すことができた。1267年のモンゴメリー条約でヘンリー王から正式にプリンス・オブ・ウェールズとして認められたが、エドワード1世がイングランド王位を継承したことで、リュウェリンは失脚することになる。 リュウェリンは、男爵一揆の指導者の一人であったシモン・ド・モンフォールの一族と同盟を結び続けたことで、エドワード王を敵に回したのである。 1276年、エドワードはリュウェリンを反逆者と宣言し、莫大な兵力を集めた。1282年に反乱を再開したリュウェリンは、ダフィドにグウィネド防衛を任せ、軍を率いて南下し、ウェールズ中南部で支持を集めようとしたが、ビュイス近郊での小競り合いで戦死した。
1282-83 ウェールズ王子ダフィド・アプ・グルフィド(Dafydd ap Gruffydd)。 兄リウェリンの死後、400年にわたるグウィネド家のウェールズ支配に終止符が打たれた。 ダフィドは国王に対する大逆罪で死刑に処せられ、歴史上初めて絞首刑に処された著名人となった。 ウェールズ最後の独立王国は滅亡し、イングランドが支配権を獲得した。国を支配する。

プリンス・オブ・ウェールズの羽根

関連項目: イギリスの魔女

(「Ich Dien」=「私は奉仕する」)

関連項目: 科学革命

1301年からの英国ウェールズ王子


1301 エドワード1世の息子であるエドワードは、父がこの地を征服したわずか1年後の4月25日、北ウェールズのケルナーフォン城で生まれた。
1343 エドワード・ザ・ブラック・プリンス エドワード3世の長男であるザ・ブラック・プリンスは、卓越した軍事指導者であり、わずか16歳で父とともにクレシーの戦いで戦った。
1376 リチャード(2世)。
1399 ヘンリー・オブ・モンマス(5世)。
1454 エドワード・オブ・ウェストミンスター
1471 エドワード・オブ・ウェストミンスター(5世)。
1483 エドワード
1489 アーサー・チューダー
1504 ヘンリー・チューダー(8世)。
1610 ヘンリー・スチュアート
1616 チャールズ・スチュアート(I)。
1638 シャルル(2世)。
1688 ジェームズ・フランシス・エドワード(旧僭称者)。
1714 ジョージ・アウグストゥス(2世)。
1729 フレデリック・ルイス
1751 ジョージ・ウィリアム・フレデリック(3世)。
1762 ジョージ・オーガスタス・フレデリック(4世)。
1841 アルバート・エドワード(エドワード7世)。
1901 ジョージ(V)。
1910 エドワード(7世)。
1958 チャールズ・フィリップ・アーサー・ジョージ(3世)。
2022 ウィリアム・アーサー・フィリップ・ルイス

Paul King

ポール・キングは、英国の魅惑的な歴史と豊かな文化遺産を解明することに人生を捧げてきた、情熱的な歴史家であり、熱心な探検家です。ヨークシャーの雄大な田園地帯で生まれ育ったポールは、この国に点在する古代の風景や歴史的建造物に埋もれた物語や秘密に対する深い認識を深めました。有名なオックスフォード大学で考古学と歴史の学位を取得したポールは、何年もかけてアーカイブを調査し、考古学的な遺跡を発掘し、英国全土の冒険的な旅に出てきました。歴史と遺産に対するポールの愛情は、その鮮やかで説得力のある文体にはっきりと表れています。読者を過去に連れ戻し、英国の過去の魅力的なタペストリーの中に引き込む彼の能力により、彼は著名な歴史家および語り手として尊敬される評判を獲得しました。ポールは、彼の魅惑的なブログを通じて、英国の歴史的宝物の仮想探索に読者を招待し、よく研究された洞察、魅惑的な逸話、あまり知られていない事実を共有しています。過去を理解することが私たちの未来を形作る鍵であるという強い信念のもと、ポールのブログは包括的なガイドとして機能し、エイヴベリーの謎めいた古代ストーンサークルから、かつては城があった壮大な城や宮殿に至るまで、幅広い歴史的トピックを読者に提供しています。王と女王。あなたがベテランであるかどうか歴史愛好家や英国の魅惑的な遺産を知りたい人にとって、ポールのブログは頼りになるリソースです。経験豊富な旅行者であるポールのブログは、過去の埃っぽい内容に限定されません。冒険に対する鋭い目をもつ彼は、頻繁に現地の探検に乗り出し、その経験や発見を見事な写真と魅力的な物語を通して記録しています。スコットランドの険しい高地からコッツウォルズの美しい村々まで、ポールは読者を遠征に連れて行き、隠された宝石を発掘し、地元の伝統や習慣との個人的な出会いを共有します。英国遺産の促進と保存に対するポールの献身は、ブログだけにとどまりません。彼は保存活動に積極的に参加し、史跡の修復や文化的遺産を保存する重要性について地元コミュニティを教育することに貢献しています。ポールはその仕事を通じて、教育し楽しませるだけでなく、私たちの周りに存在する豊かな遺産のタペストリーに対するより深い認識を促すよう努めています。ポールが英国の過去の秘密を解き明かし、国家を形作った物語を発見するよう案内する、魅惑的な時間の旅に加わりましょう。