聖アウグスティヌスとイギリスへのキリスト教伝来

 聖アウグスティヌスとイギリスへのキリスト教伝来

Paul King

597年、ローマから来た修道士アウグスティヌスは、イングランドへの極めて重要な旅に出ようとしていた。 グレゴリオ伝道としても知られるアウグスティヌスは、エセルバート王とその王国をキリスト教に改宗させるため、約40人の宗教家とともにケント海岸の海岸に到着した。 彼の成功はめざましく、7世紀までにイギリスのキリスト教化は完了した。

聖オーガスティン

410年までローマ帝国の支配下にあり、広大な帝国の一州として機能していたブリテン島の人々は、キリスト教の普及によってドルイド崇拝から脱却し、キリスト教を信仰するようになった。

ケルト、ローマ、キリスト教の伝統が独自に融合し、発展してきたブリテン島だったが、サクソン人の到来によって状況は一変し、ローマ帝国の支配だけでなく、ブリテンの多くのコミュニティにおけるキリスト教崇拝も終焉を迎えた。

その結果、聖人の時代となり、ケルトの聖人たちの活動を通して、信仰体系、崇拝、文化を守りながら、隠遁生活と修道生活を送ることになる。

その間に、サクソン人は新しい生活様式、文化、宗教を持ち込んで、東部に定着した。 彼らが持ち込んだ異教は地域社会に影響を及ぼし、一方、ローマ・ケルト系キリスト教の伝統の最後の名残は、少数派によって、この存在感の高まりから比較的隔離されて生活していた。

アングロサクソンがイギリスにしっかりと根を下ろした今、彼らの精神的な道をキリスト教へと変えるのは、アウグスティヌスのような人物にかかっていた。

アウグスティヌスはローマ教皇グレゴリウス1世によって選ばれた。グレゴリウス1世は、サクソン人の権力と孤立して活動するイギリス固有の教会を背景に、このような大胆な使命を遂行することを決定したのである。

エセルバートが治めるケント王国に接近することにしたのは、おそらく、サクソン王の妻がベルタというフランク王国の王女であり、自身もキリスト教徒であったことが動機であったと考えられている。 このことを念頭に置いて、教皇は、エセルバートがアウグスティヌスや彼の同行する宣教師たちの霊的説得を受け入れやすいと考えたのである、妻を通してすでに信仰に触れていたのだ。

このようなキリスト教への素地は、ローマ・カトリック教会側にとって計算し尽くされたものであった。ローマ法王庁の使命は、予想されたいくつかの挫折にもかかわらず、アウグスティヌスだけでなく、彼の後継者たち、そして神の言葉を広めるというより広範な使命にとって、大きな成功を収めることになる。

595年、アウグスティヌスはローマの聖アンデレ修道院の修道士の職を解かれ、教皇によってイングランド南東部への宣教に選ばれた。 このような任務にアウグスティヌスを特に選んだ正確な理由は文書化されていないが、教皇グレゴリウスはアウグスティヌスの修道院長としての管理的な日々の運営に感服していたと言われ、さらに彼の聖書への造詣の深さに感銘を受けた。

教皇グレゴリウスは、アウグスティヌスのカンタベリー大司教職の後継者となるカンタベリーのローレンスなど、アウグスティヌスのミッションに同行する他の修道士たちも選んだ。 さらに教皇は、ミッションのために通訳や司祭を提供するフランク王家の支援を保証した。

エセルバート王は、妻の王国のフランク人を宣教師に迎えることで、宣教師を受け入れやすくなると考えたからだ。

その後、すべての計画と準備が整い、教皇グレゴリオのミッションは進行し、アウグスティヌスは40人の仲間とともにローマからケント王国に向かった。

当初、旅は最高のスタートを切ることができなかった。出発して間もなく、疑念が忍び寄り始め、宣教師たちは帰還の許可を求めた。 彼らの不安を和らげた後、教皇グレゴリウスは一行に旅を再開するために必要な自信と安心を与えた。

聖グレゴリオと聖アウグスティヌス

597年、アウグスティヌスと仲間の宣教師たちはケント州のタネット島に到着し、カンタベリーに向かった。

この会談は後に伝説となり、150年後に歴史家であり修道士であったビードによって語られた。

エセルバート王は、異教徒であるアウグスティヌス王が新参者に対して警戒心を抱いていたため、より安全な環境であろうと考え、野外でアウグスティヌス王とその仲間に会うことに同意したと言われている。 しかし、ローマ教皇と接触していたフランク人の妻ベルタが同行していたため、アウグスティヌス王は一人ではなかった。

修道士たちは王に会い、銀の十字架を掲げて自分たちの使命を説明したと言われている。

すぐに彼らの説得に納得したわけではなかったが、王は彼らを歓待し、説教の自由と聖マルティン教会を礼拝に使う特権を与えた。

エセルバート王が改宗した正確な時期は不明だが、15世紀の後世の年代記記者によれば、その時期は597年の聖日曜日とされている。

エセルバート王はやがて改宗し、カンタベリーで洗礼を受けたと思われる。

アウグスティヌスは王の臣下の多くを改宗させることに成功し、597年のクリスマスには数千人に洗礼を授けたと言われている。

その結果、アウグスティヌスは初代カンタベリー大主教となり、英国国教会の最高幹部聖職者となった。 さらに、590年頃、カンタベリーには国王から寄進された土地に聖ペテロ・パウロ修道院(後にアウグスティヌスに捧げられる)が創設された。

601年になると、ローマ教皇グレゴリウスはさらに宣教師を派遣し、ロンドンとロチェスターにローマ司教が置かれた。

聖アウグスティヌスとエセルバート王

アウグスティヌスは大きな成功を収めたが、それはエセルバート王の支援なしには成し得なかった。 王は、教会の財産を保護する新しい法律を制定し、教会に悪事を働く者に対する処罰を導入した。

アウグスティヌスがイングランドに到着しても、ウェールズ、カンブリア、コーンウォールといった地域にすでに定着していたキリスト教礼拝者にはほとんど影響を与えなかったからだ。

同じキリスト教徒である彼の到着は、西方のケルト人キリスト教徒にとっては不都合なことではなかったが、彼はローマ教皇が任命した権威の象徴であり、彼らの信仰はローマとは別に発展してきたため、彼らはそれを認めなかった。

ウェールズの司教たちに従うことを期待して到着したアウグスティヌスは、彼がもたらしたキリスト教の多くの要素に対する彼らの抵抗に愕然とした。 そのような例のひとつに、ウェールズ人がローマの慣習に従うことを拒否した復活祭の日付の計算がある。

やがて、ケルト語を話すほとんどの地域がローマ時代の復活祭を受け入れるようになったが、尊者ビードの記述にあるように、ウェールズ人の抵抗は続いた。

東部には広大な改宗者がおり、アウグスティヌスが期待していたような統一はすべての面で達成されていなかった。

アウグスティヌスが手配した2回の会合で、両者の相違を解決しようとしたアウグスティヌスの努力は断られた。

このようなプロセスは、信仰だけでなく政治的な役割も担っており、特にアウグスティヌスの努力の多くがケント王の支援を受けていた一方で、メルキア王国とウェセックス王国は西方へと向かっていたため、複雑であることが判明した。

関連項目: 1667年メドウェイの襲撃

8世紀には、共通の敵であった異教徒のヴァイキングが到来し、イングランド人とウェールズ人のキリスト教徒が同盟を結ぶことになった。

その間、アウグスティヌスは、聖職者と礼拝に関するすべての問題を立法化した教皇グレゴリオの指導に従い続けた。

ウェールズのクリスチャンのコンプライアンスや、ケント王国の外にキリスト教を広めることなど、いくつかの挫折に直面しながらも、アウグスティヌスは、自分の使命はほぼ達成されたと安心することができた。 彼の驚異的な旅は、イギリスの宗教と文化を永久に変えたのである。

その後、604年5月に逝去したが、神の言葉を広めた功績により、聖人として崇められている。

しかし、アウグスティヌスは、より大きなプロセスのほんの一要素にすぎなかった。 彼がキリスト教化のプロセスを開始したように、彼の宣教の先例は彼の死後も長く続くことになる。

関連項目: ウォレス・コレクション

異教徒であったアングロ・サクソン人のキリスト教化は、アウグスティヌスによって開始され、エセルバート王によって援助され、その後、他の人々によって継続された。

やがて7世紀には、最後の異教徒であったアルワルド王がワイト島で死去し、キリスト教がブリテンの支配的な宗教となった。

しかし、この成功も長くは喜べなかった。新たな脅威が、異教の風習を持ち、征服の使命を帯びた北方からの男たちを乗せた船で、水平線に迫ってきたからだ。 ヴァイキングが向かってきたのだ......。

ケント州を拠点に活動する歴史好きのフリーライター。

Paul King

ポール・キングは、英国の魅惑的な歴史と豊かな文化遺産を解明することに人生を捧げてきた、情熱的な歴史家であり、熱心な探検家です。ヨークシャーの雄大な田園地帯で生まれ育ったポールは、この国に点在する古代の風景や歴史的建造物に埋もれた物語や秘密に対する深い認識を深めました。有名なオックスフォード大学で考古学と歴史の学位を取得したポールは、何年もかけてアーカイブを調査し、考古学的な遺跡を発掘し、英国全土の冒険的な旅に出てきました。歴史と遺産に対するポールの愛情は、その鮮やかで説得力のある文体にはっきりと表れています。読者を過去に連れ戻し、英国の過去の魅力的なタペストリーの中に引き込む彼の能力により、彼は著名な歴史家および語り手として尊敬される評判を獲得しました。ポールは、彼の魅惑的なブログを通じて、英国の歴史的宝物の仮想探索に読者を招待し、よく研究された洞察、魅惑的な逸話、あまり知られていない事実を共有しています。過去を理解することが私たちの未来を形作る鍵であるという強い信念のもと、ポールのブログは包括的なガイドとして機能し、エイヴベリーの謎めいた古代ストーンサークルから、かつては城があった壮大な城や宮殿に至るまで、幅広い歴史的トピックを読者に提供しています。王と女王。あなたがベテランであるかどうか歴史愛好家や英国の魅惑的な遺産を知りたい人にとって、ポールのブログは頼りになるリソースです。経験豊富な旅行者であるポールのブログは、過去の埃っぽい内容に限定されません。冒険に対する鋭い目をもつ彼は、頻繁に現地の探検に乗り出し、その経験や発見を見事な写真と魅力的な物語を通して記録しています。スコットランドの険しい高地からコッツウォルズの美しい村々まで、ポールは読者を遠征に連れて行き、隠された宝石を発掘し、地元の伝統や習慣との個人的な出会いを共有します。英国遺産の促進と保存に対するポールの献身は、ブログだけにとどまりません。彼は保存活動に積極的に参加し、史跡の修復や文化的遺産を保存する重要性について地元コミュニティを教育することに貢献しています。ポールはその仕事を通じて、教育し楽しませるだけでなく、私たちの周りに存在する豊かな遺産のタペストリーに対するより深い認識を促すよう努めています。ポールが英国の過去の秘密を解き明かし、国家を形作った物語を発見するよう案内する、魅惑的な時間の旅に加わりましょう。